フルハルター*心温まるモノ

『趣味の文具箱vol.40』

『趣味の文具箱vol.40』 が12月1日に発売された。

40号は「万年筆インクの楽しい世界」というタイトルで、多くのメーカーの色が沢山紹介されていて、確かに「楽しい世界」であることに間違いない。
ただ、万年筆とインクには相性があり、インクの流れに問題が出たり等々を経験したことがある方もおられる筈。

「インクの流れが悪いんだけれど」との問い合わせには、
「ペリカンの万年筆ですよね、ペリカンのインクを使っていますか?」
「いいえ、他のメーカーのインクです。」
「ペリカンのインクに変えてください。もしそれでも問題があるようでしたら、店にお持ちになってください。」
今迄の経験からはそれ以後インクの流れの問題は解決している。

一番ひどかったのは買われて1週間で「インクが漏れた」と持ち込まれたM1000。
23年店を続けているが、一度も経験したことがなかったので、
「ペリカンのインクではないですよね?」と尋ねると
「ある店のオリジナル」とのこと。
早速オーバーホールをしたのだが、胴軸に付着したインクがどうしても拭き取れなかった。
その後、ペリカンのインクを入れて確認したのだが、インク漏れはなかった。

これを読まれた方は、万年筆とインクには相性があることを頭の片隅に止めおいてください。

では、『趣味の文具箱vol.40』 の表紙からご覧ください。

e0200879_10475030.jpg

パソコンを上手く使えない私は、どんな作業でこれらの図が出来るのか判らないが、何となく綺麗だなとの思いで紹介する。

e0200879_10481985.jpg

e0200879_10484431.jpg

e0200879_10490668.jpg

いつものジムニーの方のページ。

e0200879_10545698.jpg

まだ大手の専門店にしか登場していないと思うが、このペン先は柔らかく、優れものである。

e0200879_10555402.jpg

あの古山さんも「カスタムウルシの衝撃」として紹介している。
是非、どこかで、ご自身の目と手で確認して欲しい久々の新製品である。

e0200879_10563256.jpg

e0200879_10565447.jpg

[PR]
# by fullhalter | 2016-12-09 10:59 | ムック本紹介 | Trackback

モンブラン ノブレスNO.1957

1975年から販売が開始されたモンブランノブレスシリーズはプラチナ無垢、18金無垢、スターリングシルバー等の特別な生産品を除いて6種あった。

製品番号は4桁で、上二桁は種類を表し、
11 ……万年筆
19 ……ボールペン
15 ……シャープペンシル
13 ……クイックペン
17 ……四色ボールペン

一方下二桁は質を表し、
47 ……ゴールドプレートでペン先は14K
57 ……ロジウム(プラチナ)プレートでペン先はロジウムコーティング14K
24 ……ブラッククローム ペン先はロジウムプレート14K
28 ……クロームプレート 天ビス、クリップ、エンドマークはゴールドプレート。ペン先14K
22 ……クロームプレート スチールニブ
20 ……ブラック&ホワイトクローム スチールニブ
の仕様で分けられていた。

今週はロジウムプレートのボールペン、No.1957、
つまり上2桁が19(ボールペン)下2桁が質で、57(ロジウムプレート)ということで、1957で表現していたということ。
では、画像を。

e0200879_14202800.jpg
上は発売当初のスイッチスリーブ式で、天ビスを押してリフィールを出し、クリップ上部を押してリフィールを引っ込める。
下は天ビスを押してリフィールを出し、もう一度押し、リフィールを引っ込めるメカニズムでスイッチスリーブ式と区別する為にダブルノック式と呼んでいた。


e0200879_14254512.jpg
右、スイッチスリーブ式 左、ダブルノック式でともにノックする前の状態。

e0200879_14302206.jpg
上、スイッチスリーブ式 下、ダブルノック式でともにリフィールを出した状態。

e0200879_14314390.jpg
スイッチスリーブ式 左、ダブルノック式
天ビスをノックした状態だと特にスイッチスリーブ式は軸にめり込む寸前まで入り込んだ様に見える。

最終価格: 15.000円

[PR]
# by fullhalter | 2016-12-02 09:22 | 愛しきものたち(筆記具) | Trackback

ファーバーカステル伯爵コレクション ペンオブザイヤー2017 《ヴァイキング》

ファーバーカステル伯爵コレクション
- Pen of the Year 2017 -
ペン・オブ・ザ・イヤー2017  ヴァイキング 第一弾

  2003年より発表されたペン・オブ・ザ・イヤーは、希少価値の高い天然素材のみを用い1年間の限定生産として世界中のコレクターに愛されてきました。
2014年~2016年のテーマ“歴史の裏話”トリロジーを終え、ペン・オブ・ザ・イヤーに新たなステージが始まります。

  人類の歴史に大きな影響を与えた、ヴァイキング。
9世紀に西半球最大の海の支配者となった北欧の男たちは、戦いに長けた征服者、そして商人として複数の大陸を結ぶ通商網を作り上げました。
ヴァイキングのシンボルと言えるのが、竜の形をした船です。
船の斬新な構造が、ペン・オブ・ザ・イヤー2017のデザインにインスピレーションを与えました。
熟練した職人が宝石加工の技術を用い、北欧の希少な褐色の樺の木(カーリーバーチ)を薄く剥ぎ取りバレルの小片として採用しました。
キャップには、ヴァイキングの女たちに非常に人気のあった黒海沿岸で多く産する紅玉髄(カーネリアン)を施しました。
美しく輝く宝石とバレルのウッドが素晴らしい調和を生んでいます。
職人が技術と情熱を注ぎこみ、一点一点ハンドメイドで製作されています。シリアルナンバーつき。
チャールズ・フォン・ファーバーカステル伯爵の署名の入った証明書つき。

【製品仕様】
収納時:約137mm(万年筆/ローラーボール)
仕様:プラチナコーティングメタルパーツ     万年筆はピストン吸入式、18金バイカラーニブ

2017年2月上旬発売予定

世界限定生産
万年筆: 500pc
ローラーボール: 150pc

素材はカーリーバーチ(樺の木)とカーネリアン(紅玉髄)

e0200879_12025336.jpg


e0200879_12045157.jpg


カーリーバーチ万年筆: 400,000円(税別)
カーリーバーチローラーボール: 350,000円(税別)
[PR]
# by fullhalter | 2016-11-25 13:29 | 限定品万年筆 | Trackback

化石 三葉虫

もう17年~18年前になるのだろうか?
初めてお目にかかったのは。

当時はまだ医師の仕事をされていたと思うが、仕事に一生懸命な方で誠に好もしい青年だった。
それから同じ国立大学医学部の研究室を選ばれ、邁進されてきたのだが、10年近く前にロンドンに移られ、研究職を続けられてきた。

一時帰国の時はわざわざ店を訪ねてくれる付き合いを続けさせていただいていたが、今年の8月に元の職場に戻られ、家族とともに帰国された。

9年間の空白で日本に馴染むのに時間がかかりそうだと…。
特に中学生の二人の姉弟は学校の考え方の違いに悩んでいる様子で、全くロンドンの状況を知らない私でも判るような気がする。
日本の学校では正解は一つのみだろうが、答えは複数ある筈である。


以前、何度か申し上げたが、表から見れば正しいことが裏から見れば間違い、つまり長所は見方を変えれば欠点にもなる。
二人の子供さんにはじっと耐えながら自分を貫いて欲しいと願っている。
過酷なことだとは判っているが、年寄りの願いである。

帰国に際し、忙しいにも関わらず、私への土産を懸命に探してくださり、5億年前のカンブリア紀の層から出土した化石「三葉虫」をくださった。
では、その化石をご覧ください。

e0200879_13054204.jpg

e0200879_13060474.jpg

e0200879_13063592.jpg

e0200879_13065569.jpg


[PR]
# by fullhalter | 2016-11-18 13:11 | 私の好きなもの | Trackback

M1000 春秋、撮りました。

ほぼ一年に居作品作られているM1000蒔絵シリーズ、今年は今までに三作品作られている石蔵慎博さんの四作目、「春秋」。
実際に撮影出来ましたので、ご覧ください。

e0200879_11313431.jpg


e0200879_11360777.jpg


キャップチューブ
e0200879_11420845.jpg


e0200879_11432815.jpg


e0200879_11445027.jpg


胴軸
e0200879_11452072.jpg


e0200879_11461906.jpg


e0200879_11493745.jpg


e0200879_11502311.jpg


尻軸

e0200879_11591790.jpg


e0200879_11594098.jpg

天ビス

e0200879_12000785.jpg


ナンバー

e0200879_12012968.jpg

これまでの蒔絵はセットで作られたものでなく、単体製造本数は88本(国内販売20本)だったが、今回の「春秋」は、製造本数が111本(国内販売25本)です。

[PR]
# by fullhalter | 2016-11-11 09:55 | 限定品万年筆 | Trackback