「ほっ」と。キャンペーン

フルハルター*心温まるモノ

エーデルシュタイン 2017 Ink of the Year スモーキークオーツ

ペリカン社よりInk of the Year 限定カラーインク
「エーデルシュタイン2017 Ink of the Yearスモーキークオーツ」が発売されます。
ペリカン社では、締め切りを2月28日としています。

e0200879_22011911.jpg


製品名: エーデルシュタインインク2017 Ink of the Year「スモーキークオーツ」
価格: 50ml ¥2,500 + 税
国内発売予定数量: 800 本
発売予定時期: 平成29 年7 月

[PR]
# by fullhalter | 2017-02-17 22:07 | 限定品万年筆

ノブレスボールペン No.1957 スペシャルチェイシング

今週はモンブラン ノブレスボールペン No.1957 スペシャルチェイシングで、こう呼ばれていたものは数種あったと記憶している。
一般的ではなかったこれらのモデルは資料がなく、私にもよく判らない。

今回ご覧いただく製品は30数年前に私がこの業界で最も尊敬する方からいただいたもの。
以前その方のことを「この業界で唯一尊敬出来る方」と書いたことがあるのだが、HP担当の女房に
「唯一なんて言っていいの?」と言われたことを思い出す。

その方は小野田さんという方で、とても穏やかな方だった。
筆記具やライター等、ご自身が気に入られたものを集めておられたらしい。
残念ながら亡くなられたが、今でもフルハルターと私のことを話したいと時々思う。

では、その方からいただいたモンブラン ノブレスボールペン No.1957 スペシャルチェイシングをご覧ください。

e0200879_10573941.jpg


e0200879_10580004.jpg


e0200879_10585991.jpg


e0200879_10592562.jpg


e0200879_10594460.jpg


e0200879_11005962.jpg


e0200879_11012089.jpg


e0200879_11020994.jpg


e0200879_11023341.jpg


このモデルも前回の4色ボールペンNo.1757同様資料がなく、価格は不明だが、おそらく18,000円前後であろうと思われる。

[PR]
# by fullhalter | 2017-02-17 11:06 | 愛しきものたち(筆記具)

詩人が創ったカレンダー

お客様の中に沖縄在住の詩人がおられる。
この方にお会いすると穏やかで、いつも「ほっこり」とした気持ちにさせられる。

昨年は、第二十五回丸山豊記念現代詩賞を受賞された。
(第一回は 谷川俊太郎さん、昨年で終了)


以前店でこの方と会ったお客様が、
「えっ、詩人として生活しているの、凄いね。」と言われ私も同感だったが、そのような賞をとられる方なら不思議はない。

昨年からその方のカレンダーが店でお客様をお迎えしているのだが、今年もお迎え出来ることになった。
では、白井明大さん作・「歌 こころカレンダー 自然 2017」をご覧ください。

e0200879_13490968.jpg


e0200879_13493243.jpg

e0200879_13504966.jpg

e0200879_13511256.jpg

e0200879_13513349.jpg

e0200879_13515357.jpg


e0200879_13522370.jpg


[PR]
# by fullhalter | 2017-02-10 13:56 | その他

特別生産品「M101N ブライトレッド」

シリーズ第4 作目となる特別生産品「M101N ブライトレッド」が発売されます。

e0200879_13161578.jpg


製品名:「M101N ブライトレッド」
価格: ¥50,000 +税
仕様: 14 金ペン先(EF/F/M/B)
フルハルターではBを仕入れ、MまたはBで販売。
ピストンメカニズム
使用ケース: 専用ケース
(4001/76 ロイヤルブルーインク付)
国内販売予定数量: 800 本
発売予定時期 : 平成29 年3 月

◆ ご要望の方は早めにご予約いただけると製品の確保が可能かと思います。


[PR]
# by fullhalter | 2017-02-03 13:26 | 限定品万年筆

モンブラン ノブレスNO.1757

ロジウムプレート仕上げのノブレスは万年筆から始まり、12月16日のペンシルまで既に4種ご覧いただいた。
通常は万年筆、フエルトペン、ボールペン、ペンシルの四種だが、4色ボールペンも種類によっては作られていたようだ。

「いたようだ」というのは、私自身あまり記憶がなく、データも残っていない。
何時、どこから私の所にやってきたのかすら判らないのだが、ロジウムプレート(下二桁)は57で、4色ボールペンの1757が私の手元に残っていた。

では、そのモンブラン4色ボールペン ロジウムプレート仕上げNo.1757をご覧ください。

e0200879_11435232.jpg


芯を出した画像
e0200879_12554947.jpg

胴軸を外して
e0200879_12583897.jpg

胴軸を外して使いたい色の芯を出した画像
e0200879_13053032.jpg

このモデルはボールペンを平行にしてキャップチューブ上部にある色マークを上に、キャップをノック(スライド)して芯を出すメカニズム。
その色マーク
e0200879_13095021.jpg

e0200879_13104101.jpg

e0200879_13114182.jpg

e0200879_13122519.jpg


最後にMONTBLANCの刻印
e0200879_13140233.jpg


このモデルはデータがないので価格は判らないのだが、1957単色ボールペンより高かったと思われるので、当時の価格は18,000円前後か?

[PR]
# by fullhalter | 2017-01-27 13:20 | 愛しきものたち(筆記具)